有楽町駅通路改良工事


このページでは2009年頃から行われてきた有楽町駅の改良工事の様子をご紹介します。





今回の工事ではJR有楽町駅京橋口に近い出口が対象となりました。




この出口は交通量が多いにもかかわらず、エスカレーターやエレベーターが一切無く、
バリアフリー設備の設置が望まれていました。




こちらが工事の対象となった出口です。




出てくると京橋口が目の前にあります。








そして、2009年頃から出口を閉鎖して工事が行われるようになりました。




このように出口が閉鎖されてしまいます。




囲いがされて、その先の出口を利用するよう案内されました。
工事が始まると数名の警備員が終日案内するようになりました。




そして、駅の一番奥にあるD9出口を利用するよう案内されました。




しかし、実際にはD9出口を利用するのは遠回りでした。
奥に見えているような他の出口を利用するのが近かったです。




そのため、知っている客はD9出口を利用しないため、
朝になると他の出口を利用する客で出口が混雑していました。




この出口も混雑していました。








2011年3月撮影。工事がだいぶ進み、古い上屋が撤去され、新しい出口が顔を出しています。




看板に手が入っていました。




ガラスが多用されたしゃれた作りになっています。








そしてこちらが完成後の写真。




出口上部です。




この時点ではエレベーターは未完成で、供用を開始していませんでした。




こちらの出口は階段のみでした。




側面はガラス張りで東京メトロのロゴマークも入っていました。




こちらはエスカレーターだけがある方の出口。まだ工事中で使用できませんでした。




地下でも新しい出口の案内がされていましたが、
エスカレーター・エレベーターは使えないという案内がされていました。







そして、ついに二つとも出口が供用を開始しました。




多くの人が出口を行き交います。右がエレベーター、左がエスカレーターです。




エスカレーターを上っていきます。




こちらが新しく完成したエスカレーター専用の出口です。
エスカレーターは上り下り一機ずつあります。




奥にはエレベーターが見えています。




出口の側面はガラスで、東京メトロのロゴマークがあしらわれています。




こちらは階段のみの出口とエレベーターです。








 ● 特 集 へ

 ● ホ ー ム へ




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO