住所埼玉県和光市本町4-6
乗降客数106,699人 (平成18年一日平均)
乗換え● 東武東上線


 



有楽町線の始発駅です。この駅は東武鉄道が管理しています。
この駅と新木場駅は地上にあります。さらにこの駅の先には2編成が置ける留置線、
さらに進むと和光市検車区があります。
なお、ホームは高い位置にあるので、駅前の様子が見下ろすことができます。


始発駅ということで朝になると席の争奪戦なども見られます。
また、西武鉄道の列車がここまで顔を出すこともあり、東武と西武の車両が並ぶこともあります。


ホームはかなり広めに造られています。内側が有楽町線、外側が東上線が使用します。
また、発車メロディーが使用されていますが、有楽町線の始発列車はベルを使用します。
このベルは東上線で発車メロディーが使用開始になるはるか前の、営団地下鉄時代から使われています。




駅構内図



駅設備


 ● 改札口 → 1箇所

 ● お手洗い → 1箇所

 ● ATM → ゆうちょ銀行 (改札外)




乗換え案内

  ● 東武東上線

 

 
 




周辺施設案内

 ● イトーヨーカドー (南口徒歩3分)

 ● 本田技研工業 (南口徒歩3分)

 ● 和光市図書館 (南口徒歩3分)

 ● 東京外環道 和光IC (北口徒歩3分)







和光市駅探検



駅名看板です。
東上線の管理する駅ですので東上線仕様です。
ナンバリングの番号が貼ってあるのが特徴です。




この看板の裏側はこのような案内になっています。
 
 




ホームの柱にも東上線仕様の案内の他に
ナンバリングの看板が貼ってあります。
 




ホームは非常に広く作られています。
ただ、朝は有楽町線始発の座席争奪戦で
長い列ができます。




1番線、川越方面
 
 




2番線、川越方面
地下鉄成増から来た有楽町線の和光市止まりの列車や
東上線直通の列車が発着します。




3番線、新木場方面
有楽町線の始発列車や、
東上線からの直通列車が発着します。




4番線、東上線池袋方面
 
 




ホームの発車メロディースイッチです。
 




3番線の有楽町線ホームは
別のスイッチが設置されています。




ホームにある自動販売機は
ほぼPASMOが利用可能です。




ホームにはインターホンがあります。
 




こちらも東武鉄道仕様
 




ホームにある発車案内も東武仕様です。
副都心線開業前なので「新線池袋」も…




改札口への階段、1・2番線側




こちらは3・4番線側




ガラス張りのエレベーターもホームにあります。
両ホームに設置されています。




改札階に降りてきました。
エレベーターがあります。この裏にトイレがあります。




これがそのトイレです。
2008年4月にリニューアルしたばかりなので比較的綺麗です。




改札内の様子はこのようになっています。
 




このような看板もあります。
副都心線開業前の写真
 




改札内の電光掲示板は全ホーム分あります。
ずいぶんと大きな駅のように見えますが、
そんなに大した駅ではありません。




改札口です。




改札口を外側から




改札口の前にはこんな看板も
こちらも副都心線開業前のもの




切符売場です。
 




東上線と有楽町線で機械が別になっています。
有楽町線の方では東京メトロの一日乗車券や回数券が買えます。
なお、PASMO非対応なのでチャージは東武の券売機で…




路線図もあります。
一見古そうですが、最新版です。




定期券の運賃表まであります。
しかしこの駅では定期券は買えません。




改札前は半地下になっています。
 




改札前にはゆうちょ銀行のATM。
 




南口です。
右にはケンタッキーの店舗があります。




南口の側は整備されています。
東横インやイトーヨーカドーが先に見えます。




今度は反対側の北口です。
 




北口は寂れていて、
銀行と東武トラベルぐらいしかありません。
また、東武バスのバス乗場と操車場などがあります。




北口の入り口には路線図があります。
こちらも副都心線開業前仕様
 







 ● 各駅案内へ

 ● ホームへ




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO