住所東京都渋谷区道玄坂1-1-1
乗換え● 銀 座 線    ● 半蔵門線
● 東 急 線    ● J R 線
● 京王井の頭線


 



副都心線の始発・終着駅であるとともに多くの人が利用する巨大な駅です。
副都心線の他にも私鉄・地下鉄が乗り入れ、地上には多くの施設があります。
列車からは乗換える人、渋谷に用事のある人など様々な人が入り乱れます。



副都心線のホームはこれまでの駅とは異なり、東急電鉄によって建設されました。
そのため、駅全体が黒を基調とした感じになっています。
東京メトロの白を基調とした感じとは異なっています。

この駅は安藤忠雄氏によって設計され、地中の宇宙船がコンセプトになっています。
それに従ってホーム端にはドーム型の吹き抜けがあります。
ただ、下から見るとドーム型であることがわかりにくい状態です。
開放感についても他駅と比べてそれほど凄くはありません…

駅は半蔵門線と共に東急管轄で、駅員の方や各種案内看板も東急仕様です。
東急線の列車が一切来ないにも関わらず、
副都心線ホームに東急の駅員さんがいるのは意外に不思議な光景です。



ホームは2つだけですが、将来の事を考え、真ん中に2本線路が引いてあります。
「将来」というのは東急東横線との乗り入れが始まり、
東横線の列車がこのホームから発着するようになる時のことです。

東横線との直通運転開始後は現在の3・4番線ホームが分離し、
2面4線のホームになる予定です。現在は暫定的に両ホームに橋を渡しています。
ただ、副都心線と東横線の列車を4本の線路で捌ききれるのかは少々疑問です。


ホームからひとつ上がると広い通路があります。ここをもう一階上がると改札口です。
副都心線のホームは半蔵門線・田園都市線とのホームに近く、改札内で乗換え可能です。




駅構内図



駅設備


 ● お手洗い → 2箇所(改札内)

 ● ATM → 三井住友銀行(宮益坂東改札外)

   

乗換え案内

  ● 銀座線  上野・浅草方面

  ● 半蔵門線  大手町・押上方面

  ● 東急線  東横線・田園都市線

  ● 京王井の頭線  明大前・吉祥寺方面

  ● JR線  埼京線・湘南新宿ライン・山手線







発車メロディー・構内放送

   副都心線
   和光市・東上線方面
おとぎのワルツ 発車メロディー
接近放送  
到着放送  

   副都心線
   和光市・東上線方面
愛ステーション 発車メロディー





関連リンク

   ● 「副都心線Start!」特集へ
         こちらでは開業当日のイベントの模様などをご紹介しています。







渋谷駅探検


ホームの駅名看板です。
東急仕様です。




こちらは壁面の案内板
こちらも東急仕様です。




3番線ホーム




4番線ホーム




ホームは仮設状態で、
中央は線路が走るだけの状態です。
現在はそれに橋渡ししているような状況です。




そのためホームは不自然に広々としています。
 
 




代官山寄りのホーム端です。
現在は行き止まりですが、2012年からは
東横線方面への線路がお目見えします。




ホームの一番代官山寄りの階段は
現在使用されていません。
 




ホームの一番代官山寄りには
この駅の模型が設置されています。
模型で見ると凄い構造ですが、駅の中から実際に見ると
どの辺がドーム型なのかわかりにくいので
あまり感動は起きません……




この模型があるあたりが吹き抜けになっています、
上を見上げるとこんな感じです。
 
 
 




見上げて見えるのは改札階の様子です。
 




3番線側の代官山寄りには
このような使われていない空間が存在します。




こちらはベンチで、冷房の吹き出し口も兼ねています。
ちなみにこの駅は機械を一切設置しない
自然換気システムを導入しています。




ホームには巨大な東急リバブルの広告
 
 




ホーム中央に東急の売店があります。
 




こちらは中線の線路です。
4年後にはここを列車が走ります。




ホームドアにはこのようなシールがあります。

 

 

 




ホームの池袋寄りはこのようになっています。
天井は高いものの内装が簡単なものになっています。

これは東横線乗り入れの際にホームが代官山寄りに移動し、
この部分は使われなくなるためです。

ちなみにここは副都心線の数少ない撮影スポットです。




そのためかホームの壁面もむき出し状態と
仕上げがいい加減です。




階段・エスカレーターです。
ホームに何カ所かあります。




エレベーターも設置されています。
 




階段を一つ上がっても
すぐ改札口というわけではありません。




もう一つ上がると改札口に到着します。




改札階へのエスカレーターは何カ所かあります。




こちらのエスカレーターに乗ると
ドーム型の部分を突き抜けるような感じになります。




ドームを後ろから見るとこんな感じ…
 




改札階に上がってきました。




このように半蔵門線ホームへの階段があります。




このあたりの看板も東急仕様です。




半蔵門線ホームに着きました。




こちらは宮益坂東改札口。




改札口を外側から




改札口の横にはATMがあります。
 
 




改札の前には発車案内があります。
ここを見逃すとホームに降りるまでないので副都心線は
3番線なのか4番線なのか注意しておく必要があります。




こちらは切符売り場です。




機械は東急用とメトロ用で別になっています。




なお、メトロ用は新型券売機であっても
Suica・PASMOを一切受け付けません。

チャージや履歴確認は東急の機械でする必要があります。
よってICカードでメトロの切符・回数券は買えません。




こちらは別の改札口。

 

 

 




この改札口を外側から




切符売り場です。




改札前の階段を上がると別路線へ乗り換え可能です。




こちらは先ほどのドーム近くにある改札口。




ここだけ周りのデザインが他と異なります。




切符売り場です。




改札口の前には吹き抜けが広がります。




下は先ほど見たホームです。




こちらは出口です。




このあたりではもう日の光が見られます。




定期券売り場です。
あまり人気のないところに設置されています。




 



 ● 各駅案内へ

 ● ホームへ




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO