住所東京都文京区大塚5-40-8
乗降客数33,963人 (平成18年一日平均)


 



駅名にもなっている護国寺への最寄り駅です。
最寄り駅であるため、有名人の葬儀などが予定されたときは池袋寄りの改札口が閉鎖になりました。

護国寺最寄り駅のイメージが強いですが、学校が周辺に多いことも特徴で、
日大豊山高、筑波大付属中高、お茶の水女子大などがあります。
そのため、昼間は学生の姿も見られます。


ホームがカーブしていることがあり、
常に駅員さんがホームの確認・合図をしてからドア閉め・発車します。

さらに、新木場方面・和光市方面で停車位置が若干異なることも特徴で、
列車の止まらない部分には鉄柵が設置されています。


ラッシュ時でも混雑することはあまりありませんが、 学校の下校時間になると階段付近が非常に混雑します。




駅構内図



駅設備


 ● 改札口 → 2箇所 (和光市寄りは6時から)


 ● お手洗い → 2箇所
(ホーム中央から→改札内、和光市寄りから→改札外


 ● ATM → 新生銀行 (改札出て左側)




周辺施設案内

 ● 護国寺 (1番出口すぐ)

 ● 日大豊山高校 (2番出口、徒歩1分)

 ● 首都高速道路 護国寺ランプ (4番出口、徒歩2分)

 ● 講談社 (6番出口すぐ)

 ● 大塚警察署 (6番出口、徒歩1分)

 ● お茶の水女子大学 (5番出口、徒歩5分)

 ● 筑波大付属中・高 (5番出口徒歩5分)




関連リンク

  ● 護国寺駅エスカレーター工事
      骨格が完成した2005年7月時点の当サイトのブログの記事です。


  ● 真言宗豊山派 大本山 護国寺

  ● 講談社







護国寺駅探検



駅名看板(旧バージョン)です。




こちらも案内板




1番線、新木場方面ホーム
 




東池袋寄りのホーム端です。
列車が止まらない部分には柵が設置されています。




2番線、和光市方面ホーム。
先の方でホームが蛇行しています。




江戸川橋寄りには列車が止まらないため、
同様に柵が設置されています。
 




ホームは広めに造られています。




ホーム中央の改札口へ行ってみましょう。




「音羽」は「おとわ」と読みます。
 




階段を上がった改札内です。
奥にお手洗いがあります。




改札口です。
 




昔の様子です。
改札機や案内看板が旧型の物になっています。




ただ今ご紹介した改札口です。




先ほどの写真の左側に写っていた切符売場です。




改札口前広場です。
左側に改札口があります。




改札口のすぐ近くに、
照明写真機と新生銀行のATMがあります。




6番出口です。




出口の目の前には講談社があります。




大きく構える講談社の右端に出口があります。




5番出口です。




駅前には幹線道路が通っています。




旧町名の案内板がありました。




護国寺と1番出口です。




1番出口のすぐ近くに日大豊山高校があります。




4番出口です。
 




地下へ戻ります。
こちらは東池袋寄りの改札口です。




昔の様子。改札機や案内看板が異なります。
 




切符売場です。右側にはお手洗いがあります。
このお手洗いは改札外にあります。




改札の目の前は階段で、奥は上りエスカレーターのため、
進めない旨の看板があります。




そのエスカレーターです。2005年頃に設置されました。




利用可能時間外はシャッターが降ります。




側面がガラス張りです。
 




設置工事中の写真




まだ骨組みだけだったときの写真
 




2005年になって正体があらわになったのです。




 







 ● 各駅案内へ

 ● ホームへ




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO