住所東京都練馬区北町 8-37-16
乗換え● 東武東上線 下赤塚駅 (地上経由乗り換え)


 



隣の「地下鉄成増」同様、駅名に「地下鉄」が付く少し変わった駅です。
東京メトロが営団地下鉄だった時代は「営団赤塚」駅でしたが、
東京メトロ化と同時に駅名が変わりました。

ホームは隣の地下鉄成増駅に比べて広めに作られていますが、
改札口や階段の位置は地下鉄成増駅と似た作りになっています。


和光市〜地下鉄赤塚駅間は東上線と併走するため、この駅でも東上線へ乗り換え可能です。
ですが、特に案内や乗り換えの際の割引はなく、地上経由の乗り換えとなります。

東上線の場合、途中駅で通過待ちがあるため、有楽町線・副都心線に乗る人も多いようです。
また、有楽町・副都心線は混雑がそれほどでもなく、列車がはるかに新しいことも一因にありそうです。




駅構内図



駅設備


 ● 改札口 → 二箇所

 ● お手洗い → 二箇所(どちらも改札内)

 ● ATM → ゆうちょ銀行 (ホーム中央の階段から)




乗換え案内

  ● 東武東上線 下赤塚駅 (ホーム中央の階段から、地上経由)

 

 
 




周辺施設案内

 ● 下赤塚駅 (3番出口、徒歩1分)

 ● 光が丘公園 (1・2番出口、徒歩10分)





発車メロディー・構内放送

   有楽町線・副都心線
   新木場・渋谷方面
レッツトレイン(発車サイン音)  
旧整理ブザー 1世代前のもの
旧接近放送 1世代前のもの
旧旧放送・整理ブザー 2世代前のもの
営団赤塚駅時代放送  

   有楽町線・副都心線
   和光市・東上線方面
始まるよ(発車サイン音)  
旧整理ブザー 1世代前のもの
旧接近放送 1世代前のもの
旧旧放送・整理ブザー 2世代前のもの
営団赤塚駅時代放送  





関連リンク

 ホームドア設置工事の軌跡 第二弾
   ホームドア設置に伴う動きを取材した記事です。

 「さようなら 旧サインシステム」特集へ
   これは副都心線開業時に変えられた各種看板の、変更前の画像を集めた貴重な写真集です。

 「副都心線Start!」特集へ
   これは副都心線開業に伴って起きた変化を徹底取材したものです。

 「地下鉄が営団でなくなる日」特集へ
   これは営団地下鉄が東京メトロに変わったときの、駅名変更などを特集した記事です。

 さようなら営団赤塚&成増号乗車記
   それに伴って行われたイベントの記事です。







地下鉄赤塚駅探検



駅名看板です。




画像が小さくて申し訳ありませんが、
営団赤塚駅時代の看板です。





ホームの案内板です。




地下鉄成増駅に比べるとホームが広くなっています。




反対側の1番線新木場方面ホーム




放送が流れるスピーカーです。
2006年4月頃に市ヶ谷駅と同じ、BOSE製に変更され、
音質が向上しています。




ホーム中央には待合室があります。
有楽町線・副都心線で待合室があるのは
ここと千川駅・新木場駅だけです。




ガラス張りで、冷房が付いています。
ただし、密閉された空間ではないので、
冷気は逃げやすい構造です。




ホーム中央にはエレベーターもあります。




和光市寄りの改札口




ホーム中央部分の改札口




ホーム中央の改札口のすぐ横にATMがあります。




2番出口




地上には国道254号線(川越街道)が走っています。




3番出口。エレベーター併設。




4番出口





東上線 下赤塚駅へ足を伸ばしてみましょう

 

3番出口を出て、左に進むとすぐに、左手に踏切が見えます。
そこから50m程で下赤塚駅です。




住宅の一階部分が改札口です。
総武流山電鉄の幸谷駅に似た作りです。
ここから入ると成増・志木方面ホームです。




反対側の入り口。
こちらから入ると池袋方面ホームです。




踏切から
右が池袋方面ホーム、左が成増方面ホームです。







 ● 各駅案内へ

 ● ホームへ




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO